こころのフィットネス オンラインにて実施中

2020.04.03 Friday 21:26
0

    こんにちは、こころのフィットネスです。

    今日もお読みくださり、ありがとうございます。

     

    先週から弊社でも新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、こころのフィットネスをオンラインで実施させていただくことになりました。

     

    会員の皆さまにはなるべく安心して参加していただき、いつもと変わらぬ効果を感じていただけるように、オンラインのよさを考えながらプログラムを考えています。

     

    実施前にはみなさんがご自宅からネット上の会場のようなところへアクセスしていただき、マイクやカメラの確認、簡単な操作の確認をしていただくなど、無理なくできるようにしています。

     

    普段はお仕事帰りなどに会場でお会いするので、みなさんビジネスパーソンという雰囲気が強いのですが、画面越しにお会いするとちょっとリラックスモードだったりして、これはいい点でもあるのかなと感じています。

     

    これから社会的な影響が増して、ストレスからイライラしたり不安にある人も増え、会員の皆さんもメンタルへの影響を受けやすくなりそうです。

     

    そんなわけで、週1回のフィットネスはセルフケア、ストレスマネジメントの意味でも今まで以上に大切になるかと考えています。

     

    気になる方がいらしたら、遠慮なくご相談くださいね。

    kokofit@sollachick.com

     

     

    ※写真は弊社のテレワーク中のニャ員です。

    ※他にもいます。

     

     

     

    category:メンタルケア | by:ここFスタッフ | - | -

    ストレスコーピング ストレスずばっと??解決?

    2020.04.02 Thursday 12:05
    0

       

      こんにちは。

      こころのフィットネスブログへようこそ

       

       

      こちらのブログでは、

      こころ や カラダ にまつわるあれこれを

      書いています。

       

      初めてお越しの方はこちらもどうぞ

      ➡ ブログ:はじめまして、ソルラシックです

       

      今日は、

      ストレスコーピングについて。

       

      前回ストレスコーピングとは何か、について書きました。

      ➡ ブログ:ストレスコーピング / ストレスずばり解決?

       

      情動焦点型コーピングで

      自分の認知にアプローチ、

      または、

      問題焦点型コーピングで

      自分の行動、そもそもの環境(認知行動ワークでは“刺激”と呼びます)

      にアプローチ

       

      ストレスコーピングは

      認知行動ワークのひとつというのが前回のお話です。

       

      今日は、

      小さなストレスを感じた時におすすめの対処法について

      書きたいと思います。

       

      それは、

      「マジカルワード・イメージを活用」

      です

       

      何かストレスフルなことがありました。

      それは、もう対応不可能で、

      対応する必要もなく、

      自分の気持ちのいらだちだけが気になる。

       

      そんなときにお試しいただけるかもしれないこと

       

      それは、

      「自分のマジカルワードを発動させる」

      または、

      「マジカルイメージを発動させる」

      ということです

       

      なんでもいいので

      たとえば、

      「もう済んだこと!」とこころの中で、

      自分に言ってみる。

       

      「おっけーおっけー」

      とか

      「次いこ、次」

      とか、

      なんでもいいのです。

       

      自分に声掛け。

       

      合わせて、

      「もう気にする必要のない、自分のストレスだった出来事が、

      川に流れていくイメージ」

      とか、

      「宇宙に向けて、発射しておくイメージ」

      等をもってみるのもおすすめです

       

      思うようにならないことも、

      想いの中では自由自在

       

      こころのフィットネスでは、

      ストレスコーピングを含む、

      様々な認知行動ワークを実践し、

      自分のしんどさをうまく取り扱うスキルを定着させていきます。

       

      一緒に学んでみませんか?

       

      興味を持たれた方は

      ぜひお問い合わせください。

      ➡ 『こころのフィットネス』のサイト

      ➡ お問合せ・お申込み先(こころのフィットネス)

       

      それでは

      category:セルフケア | by:ここFスタッフ | - | -

      ストレスコーピング / ストレスずばり解決?

      2020.03.28 Saturday 15:49
      0

        こんにちは。

        こころのフィットネスブログへようこそ

         

         

        こちらのブログでは、

        こころ や カラダ にまつわるあれこれを

        書いています。

         

        初めてお越しの方はこちらもどうぞ

        ➡ ブログ:はじめまして、ソルラシックです

         

        今日は、

        ストレスコーピングについて。

         

        以前『ストレス解消としての瞑想』について書きました。

        ➡ ブログ:コロナ対策に疲れたら・・・ストレス解消としての瞑想

         

        ストレスを感じた時にどうするか、

        が運命の分かれ道です(笑)

         

        道ですれ違う時に、ぶつかりそうになった。

        なんだよ、あぶないじゃないか、

        「ちっ」

        舌打ちをする。

        これも小さい出来事ではありますが、

        その対処法、コーピングです。

        しかし、

        「ちっ」

        これが聞こえてしまったら、、、

        「何だと?」

        そんな反応が、相手から帰ってくるかもしれません

        周囲の人のことも驚かせてしまうかもしれない。

         

        自分も余計に腹がたつ。

         

        こんな風になってしまったとしたら、

        ストレスの対応としては、ちょっと惜しい

         

        ほかにはどんな方法があるでしょう。

         

        一般的には、

        ストレス対応としてのコーピングとしては

        2種類あります

         

        情動焦点型コーピング と

        問題焦点型コーピング です

         

        情動焦点型コーピング

        ストレスを感じる自分の情動の方を取り扱い、

        不快感・緊張感を減らす

        問題焦点型コーピング

        ストレスを感じる対象を解決することで、

        ストレスそのものを減じようとする

         

         

        たとえば、どのようなことが思いつくでしょうか

         

        先ほどの例ではどうでしょうか。

        ぶつかりそうになる前に時間をもどすことは難しい(-_-;)ので、、

        問題を解決することはできません

        なので、

        情動焦点型コーピングを選ぶことになります。

         

        散らかっている部屋がストレス!

        というときは、、

        部屋を片付ける!

        という問題解決が、ストレスを減らすことでしょう

        ( ´艸`)

         

        情動焦点型コーピングで

        自分の認知にアプローチ、

        または、

        問題焦点型コーピングで

        自分の行動、そもそもの環境(認知行動ワークでは“刺激”と呼びます)

        にアプローチ

         

        ストレスコーピングは

        認知行動ワークのひとつ

         

        こころのフィットネスでは、

        ストレスコーピングを含む、

        様々な認知行動ワークを実践し、

        自分のしんどさをうまく取り扱うスキルを定着させていきます。

         

        一緒に学んでみませんか?

         

        興味を持たれた方は

        ぜひお問い合わせください。

        ➡ 『こころのフィットネス』のサイト

        ➡ お問合せ・お申込み先(こころのフィットネス)

         

        それでは

         

        category:セルフケア | by:ここFスタッフ | - | -

        テレワークコミュニケーションのコツ

        2020.03.27 Friday 12:59
        0

          このところ、すごい勢いでテレワークを導入する企業が増えているようです。

          導入せざるを得ないという方が正しいかもしれませんね。

          これをお読みくださっているあなたも、テレワーク中でしょうか?

          お疲れさまです。

           

          慣れない仕事の仕方で、いつもと違ったストレスを感じている方も増えています。

          そんな方のチカラになれたらと思い、お役に立ちそうなことを書いていきたいと考えています。

           

          さてさて、やはりテレワークで一番多く感じるストレスが

          『相手の意見や感覚などの温度感が分からない』

          というものではないでしょうか。

           

          例えば、

          自分が作成した資料を上司にメールで報告して「分かりました、ありがとう。お疲れさま」と返信が来るのと、

          目の前にいる人から同じことを言われるのでは、どんな違いを感じますか?

           

          目の前に相手がいる場合は、無意識のうちに相手の表情や目、ジェスチャー、声の大きさやトーン、スピードなどから情報を得て、「これは本当にねぎらってもらっているな、OKだったんだな」と判断をしたり、「ん?言葉は丁寧だけど、資料をあまり見てもいないな。本気でお疲れさまとは思ってないな」などと受けとめたりしていますね。

           

          ところが、メールという「文字」だけのコミュニケーションとなると、なかなか相手の本音が分かりにくいと感じるのではないでしょうか。

           

          ※実は目の前に相手がいたとしても、自分が本音を掴めているかどうかは確認してみるまでは分かりませんが、ややこしいのでここでは省略。

           

          そうすると、急に不安が湧いてきたりします。

          そうなると更に「ん?もしかして、本当はちょっと手を抜いたところがあったけど、もっとしっかりとやらないとまずかったのかもしれない。いや、そうじゃなくて、前になにか言われたところがあったけど、対応が漏れてたかもしれない。」など、どんどん不安が膨らんだりします。

           

          または、せっかくいい出来だったのでもうちょっと褒めてもらいたいのになぁと不満を感じることもあるかもしれません。

           

          相手の温度感が分からず、なにかもやもやする場合は、ぜひさらりと相手に訊いてみましょう。

           

          「実は、出来具合について少し不安を感じているのですが、これが正解(または合格など)だと思っていいでしょうか?」とか

          「どこか修正があれば、ご指導ください」

          などと投げかけてみるといいかもしれません。

           

          ただ後者だと、さっきまで合格だと思っていた上司も「どこか指摘してあげなきゃ」と受けとめてしまって、あら捜しを誘発してしまう場合もあるので、自分で首を絞める癖がある人は要注意ですよ〜。

           

          話しを戻しまして…

          そんなこと訊けません!と思った方、なぜ訊けないのかと自分にやさしく問いかけてみましょう。

           

          ほめてとアピールしているみたいだから?

          かまってちゃんだと思われたらいやだから?

          仕事ができない人だと思われたくないから?

           

          あなたのこころの声は、なんと言っていますか?

           

          見る人から見れば

          「責任感が強くて、自分の仕事がきちんとできたか気になるんだな」

          とか

          「なにかあればすぐに修正しようと考えてくれてるんだな」

          というように受け止められると思います。

           

          ちっともおかしなことはないですよ。

           

          相手から答えをもらわない限り、ずっと推測してはもやもやすることが続きます。

          自分でストレスを増やさないように、気をつけましょう。

           

          また、こうして他人と会話をすると(ブログですが)、いつの間にか自分の捉え方が偏っていたことに気づいて、そこから抜け出すことができます。

          テレワークで人とのコミュニケーションが減りがちな人は、あえて人と話す時間を持つようにするのも大切です。

           

          こんなケース以外にも、例えば

          重要度が分かりにくいとか、

          スピード感が分かりにくいとか、

          レベル感が掴めない

          といったもやもやを感じることが多々あると思います。

           

          そんな時は、例えや物差しを使ってやりとりするのがお勧めです。

          「●●案件と同じくらいの重要度ですか?」とか、

          「できるだけ早くとは、最短・最長で何日程度をお考えでしょうか」などですね。

           

          テレワークをきっかけにうつ状態になったり、メンタル不調になるのは勿体ないので、ぜひこれをきっかけにコミュニケーションスキルを上げるチャンスだと思って、少しずつやってみてくださいね!

           

          そして実はこれ、リアルなコミュニケーションでもよく起きていることなのです。

          テレワークが終わっても、ぜひ応用してみてくださいね!

           

           

          category:- | by:ここFスタッフ | - | -

          眠れない夜に / スマホはさきに「おやすみなさい」

          2020.03.26 Thursday 13:52
          0

            こんにちは。

            こころのフィットネスブログへようこそ

             

             

            こちらのブログでは、

            こころ や カラダ にまつわるあれこれを

            書いています。

             

            初めてお越しの方はこちらもどうぞ

            ➡ブログ:はじめまして、ソルラシックです

             

             

            今日は、

            眠れない、と思うまでに

            しておくといいかもしれないことについて 少しだけ

            書きたいと思います。

             

            もうすでに眠れない夜の人は、

            前回のページをご覧ください。

            ➡前回ブログ:眠れない夜に / うつうつした症状

             

            前回は、

            すでに眠れない、という時にしてもいいかもしれないことについて

            書きました。

             

            今日は、

            よく眠るための準備を書きたいと思います。

             

            実はコツがあります。

             

            それは、

            お説教のようで聞きたくないかもしれないのですが、

            そして、

            これを見てるから無理じゃないか!( ´艸`)とのお声もあろうかとは思いますが、

            「スマホには先に寝てもらおう」

            ということです。

             

            スマホにはアラーム機能もありますし、

            眠る直前まで

            音楽をかけていたい、ということもあるでしょう。

            快眠アプリを入れている方も多いかと思います。

             

            しかし、

            もしそれで、快眠できてないなという方がいましたら、

            スマホには先に寝てもらいましょう

             

            スマホの明かりと早めに一日のお別れをしておくのです

             

            できたら2時間前

            難しければ1時間前でも、

            30分前でもよいでしょう

             

            おやすみ

            そういって、充電器にもどして、

            お風呂にはいったり、

            軽くあしたの洋服を整えたり。

             

            またまた

            とりあえず騙されたと思って笑

            試してみてください。

             

            それではまた

             

            ❁お知らせ❁

            平日は無理だけど、土曜日なら「こころのフィットネス」に通える!通いたい!という方のために

            土曜日クラスができました!

            ご参考ブログ➡ 土曜日クラス、参加者大募集!

            category:セルフケア | by:ここFスタッフ | - | -

            眠れない夜に / うつうつした症状

            2020.03.25 Wednesday 13:42
            0

              こんにちは。

              こころのフィットネスブログへようこそ

               

               

              こちらのブログでは、

              こころ や カラダ にまつわるあれこれを

              書いています。

               

              初めてお越しの方はこちらもどうぞ

              ➡ ブログ:はじめまして、ソルラシックです

               

              今日は、

              眠れないときについて 少しだけ

              書きたいと思います。

               

               

              カラダがつかれていて、

              しかも朝も早かったのに、

              (眠いはずなのに)

              眠れない

               

              そんなことはありませんか?

               

              つらいですよね。

               

              寝られない

              眠れない

               

              時計の音が大きくなったような気がして

               

              気づくと

              眠れていなかったはずなのに、もうこんな時間!

              そんなことすらあります

               

              寝にくいな、

              そんな夜に、試してもいいかもしれないこと2つ

               

              その1 呼吸法

              お布団やベッドに座ってもいいし、

              横になったままでも構いません。

              いったん目を閉じて呼吸を数えます。

              鼻から吸って、鼻から吐く

              1 2 3 で吸って

              4 でとめて

              5 6 7 8 9 10 で吐きます

              これを10回ほど。

              終わったらそーっと目を開けると、

              空気感がややひんやりして

              ざわざわしていた何かが変化しているかもしれません。

               

               

              その2 抱き枕

              バスタオル ざぶとん クッション、

              あれば、抱き枕、を懐に。

              横向きになって、

              まるくなってみてください。

               

              あしも抱え込むように、

              うんとまるく

               

              おなか側、胸の真ん中をゆるめて

              じーっとしていましょう

               

              とりあえず騙されたと思って笑

              試してみてください。

               

              この次は、

              就寝準備をするまでに

              快眠のためにできることを書きたいと思います。

               

              それではまた

              category:セルフケア | by:ここFスタッフ | - | -

              マインドフルネス日和の土曜日クラスでした

              2020.03.24 Tuesday 19:54
              0

                先週土曜日のこころのフィットネスでは、ちょこっとマインドフルネスの時間をとりました。

                 

                こんなざわついている世の中だからこそ、いろいろなことにとらわれずにいたいですよね。

                 

                今やらなくていつやるの?という感じで、しずか〜に呼吸に集中・・・

                 

                したいのですが、色々と頭の中に思考が浮かんできます。

                 

                それに気づいたら、「ほー、そんなことを考えてるのね、自分は」と思って、また呼吸に集中・・・

                 

                するとまた何かが浮かんできて「あなたはよく色々と考えるね〜」と思いつつ、気を取り直して呼吸に集中・・・

                 

                しばらく呼吸に集中していたはずが、またなんだか考えていて・・・

                 

                でも、着実に呼吸に集中できることもあって・・・

                 

                全体としては、意外と呼吸に集中できたような気がしました。

                 

                これまでしばらく人がいなかった上野ですが、土曜日はさすがにお花見の人が増えて、窓から見える不忍池にはスワンがいっぱい。

                 

                早くこの新型コロナ騒動が終息しますように。

                みなさんが安心してスワンに乗れますように。

                 

                それまで、マインドフルネスで少しでもいろいろなことにとらわれず、落ち着いて過ごせますように。

                 

                マインドフルネス日和の土曜日クラス

                category:セルフケア | by:ここFスタッフ | - | -

                コロナ対策に疲れたら・・・ストレス解消としての瞑想

                2020.03.12 Thursday 14:52
                0

                  JUGEMテーマ:健康

                   

                  (導入編 と 実践編 があります。)


                   

                  導入編

                   

                  みなさん こんにちは!

                   

                   

                  毎日、いかがですか。

                  と言われても、最近は、ほんとに、

                  つくづく、残念に思うことが多いです。

                   

                  そんな毎日を、

                  自分でコントロールする方法を

                  今日はお伝えしたいと思います。

                   

                  毎日をコントロール?

                   

                  「そんなこと言っても、あんなことや、こんなことは、

                  私が決めたのではなく、私にはどうしようもないことではないですか?」

                   

                  はい、そうです。

                   

                  起きてしまったこと、自分の裁量が及ぶ範囲外のこと、は

                  コントロール下におけないかもしれません。

                   

                  お天気なんかも、意のままにすることは難しい。

                   

                  では、何が出来るのか。

                   

                  起きた事柄と、

                  自分の反応を

                  切り分けること。

                   

                   

                  これが可能です。

                   

                  残念に思う気持ちや、

                  しんどさ、

                  怒り、

                  焦り、

                  または

                  喜び、

                  嬉しさ、なども同じくです。

                   

                  これらと自分を同一視してしまわないこと。

                  感情は自分であると思わないこと。

                   

                  それが、可能です。

                  自分でコントロールすることが出来ます。

                   

                  自分に自然と沸き起こる感情を

                  感情として、見つめましょう。

                  そして、そのままにしておきます。

                   

                  消そうとしたり、

                  大きくしたり、

                  反すうしたりしない。

                   

                  そうすると何が起きるか、については、

                  多くの方が「マインドフルネス」の効用として挙げています。

                   

                  いつでも、

                  どこでも、

                  いつからでも実践可能。

                   

                  そのための方法としておすすめなのが、

                  瞑想です。

                   

                  長い時間は不要です。

                  1分でも、10呼吸でも。

                  一呼吸でも。

                   

                   

                  実践編

                   


                   

                  では瞑想を実際にやってみましょう。

                   

                  まずは10呼吸瞑想から。

                  人や、着信音に、じゃまされないところに

                  座ります。

                  (立っていても、寝転んでいても、かまいませんが、

                  考えないといけない動作をしているときはおすすめしません。

                  あぶないです(笑))

                   

                  目は閉じていても開けていても構いません。

                  あとは、簡単、

                  自分の身体のどこが、大地(床)に触れているのか、

                  感じます。

                  足の裏、あるいはお尻、背中、後頭部、など、

                  大地に触れているところ、をさらにぴったりと大地につけるように。

                  呼吸は、

                  鼻から吸って、

                  鼻から吐きます。

                  今日は、数を数える方法で。

                   

                  1 2 3 と心の中で数えながら吸い、

                  4 でとめます

                  5 6 7 8 9 10

                  で吐きましょう

                   

                   

                  この繰り返し

                   

                  いろんな思いや感情がやってくるたびに、

                  迎えては、手放す。

                   

                  その繰り返し

                  まずは10呼吸。

                   

                   

                  10呼吸終わったら

                  目を閉じていた人は、

                  ゆっくり目をあけます。

                   

                  時間を決めて行う方には、

                  アプリがおすすめです。

                   

                  タイマーで時間を教えてもらうと

                  びっくりすることがあるので(笑)

                  瞑想の時間をはかるのには、

                  おすすめのアプリがあります。

                  https://insighttimer.com/

                   

                  ほかにもいろいろあるようですので、

                  お好みに応じて、ご使用いただければと思います。

                  長引く新型コロナウイルス感染症対策で

                  総じて気分が重くなりがちな昨今です。

                  そんな時だからこそ、是非 瞑想 で

                  毎日をコントロールして、ストレスからの解放を!

                  それではまた。

                  category:セルフケア | by:ここFスタッフ | - | -

                  『きく』という行為を丁寧に

                  2020.03.04 Wednesday 14:52
                  0

                    JUGEMテーマ:健康

                     

                    最近のこころのフィットネスでは、「きく」という行為を丁寧に観察するという取り組みをしています。

                     

                    世の中では「傾聴のポイント」など分かりやすそうな情報がネットでも本でも講座でも溢れています。

                     

                    相手の目を見る、うなずく、あいづちをうつ、相手の分かってほしいポイントの話しを繰り返す、相手に興味を持つなど、だいたい似たようなことが書かれていますね。

                     

                    で、やってみるんだけど、なんだかイマイチおかしい…

                     

                    ダメじゃないんだけど、なにか違う。

                    分かりあえた感じがしないとか、ポイントがずれてしまっていたとか、いろいろなご相談を聴きます。

                    わたし自身も、課題を感じることも多々あります。

                     

                    そんなときは、「感覚」だけで判断するのではなく、行為を丁寧に細分化して、事実をもとに確認していくというプロセスが役に立ちます。

                     

                    例えば

                    「相手がわかってほしいと思っているポイント」を、あなたはどうやって掴んでいますか?

                    よーく考えてみると、感覚だけで判断していたのではなく、あなたなりの根拠が見えてきます。

                    おもしろいことに、根拠は人それぞれ少しずつ違います。

                     

                    大きな声になっているところ、

                    何度も繰り返される言葉、

                    きくうちに出てくるのでまずはひたすらきいてから見つける方が良い、

                    などなど。

                     

                    そんな違いをシェアしていくと、わりと本当に役立つ話のきき方が見えてきたりします。

                     

                    自分がひとの話しをきくときに、どんな工夫をすると更によくなるのか、それが分かってくると、ききやすくなります。

                     

                    こんな感じで、ポイントのひとつひとつを「感覚的にやれてるか、できたか」確認するのではなく、こうやって「事実ベース」の根拠を丁寧に確認しながらつみあげていくと、現実的に役立つスキルが見えてくるんですね。

                     

                    お互いに「はなす」「きく」行為を繰り返していきながら、会話をたのしみつつも、色々と観察して発見していくプロセスは、とてもたのしいです。

                     

                    来週も、とってもたのしみです!

                    category:メンタルケア | by:ここFスタッフ | - | -

                    目のかゆみ 身体反応がおしえてくれること

                    2020.02.26 Wednesday 14:09
                    0

                      JUGEMテーマ:健康

                       

                      春ですね。

                      といいますのも、

                      花粉症の到来がそれを教えてくれました。

                       

                      くしゃみが出ます。

                      目がかゆい。

                      ついつい鼻をかんでいます。

                       

                      同じ症状の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

                       

                      どの症状もつらいのですが、

                      わたしにとって何よりつらいのは、

                      目のかゆみ、

                      かもしれません。

                       

                      目というのは、こんな構造をしています。

                      花粉症によるかゆみというのは、

                      主観ですが、

                      この丸い眼球全体でかゆくなっている感じです。

                      丸ごと全部です。

                       

                      それもそのはず、

                      花粉が目の中に入ると、

                      身体を守っている免疫細胞が、

                      花粉は敵!とみなして、ヒスタミンを大量に放出します。

                      ヒスタミンは、

                      目の神経を刺激し、

                      炎症(かゆみや充血)を引き起こします。

                       

                      このような身体反応はシンプルで、正直です。

                      刺激に対して、反応します。

                      花粉が入ってきたから、防御していますよ、

                      というわけです。

                       

                      身体が敵に曝されていることを

                      反応で教えてくれているわけです。

                       

                      身体は、わたしたちに、いろいろなことを教えてくれています。

                       

                      眠いよ、あくびがでるよ、

                      お腹すいたでしょう、お腹の音が鳴るよ、

                      いま緊張してるね、汗かいてるね、

                      つかれてるんだね、ため息がでたよ

                       

                      こんなメッセージで、

                      身体の様子に気づくことができます。

                      そしてそれは、自分の気づかなかった心の声でもあるのです。

                       

                      目のかゆみ、は、我慢するのがたいへんですし、

                      目薬や飲み薬で対処しないとつらい事柄ではありますが、

                      この免疫機能が働かなかったら、

                      目のかゆみ、よりも、もっと大変なことが起きているかもしれません。

                       

                      そう考えると、

                      このかゆみにも感謝、ということになるのかもしれませんね。

                       

                      かゆみさん、教えてくれてありがとう。

                      でも、

                      花粉は敵ではないですよ、

                      ヒスタミンをださなくてもいいですよ

                      そう伝えて、目のかゆみをおさえたい、そんな今日この頃です。

                      category:セルフケア | by:ここFスタッフ | - | -