耳のセルフケア効果 ほんとにほんとに必要だった(認知の癖に気づくオマケつき)

2020.06.01 Monday 14:13
0

    JUGEMテーマ:健康

     

     

    こんにちは、今日もブログをお読みいただき、ありがとうございます。

    上野でメンタルヘルスに悩むビジネスパーソンのセルフケアトレーニングを行う、こころのフィットネスです。

    本日は代表のよしだより🍀

     

     

    先日、ストレスと耳が密接に関係すると考えられていることから、耳のセルフケアについて取り上げました。

    みなさん、耳のセルフケア、されていますか???

     

    先日、耳のセルフケアって大切・・・と思う体験をしました。ちょうどいいタイミングだったので「耳のセルフケアの大切さ」についてと、日ごろよくやる認知行動療法や価値観のワークと連動させながら、セルフケアについてお話しさせてください。

    ちなみに、皆さまへはよく「こうするといいですよ」なんてお勧めしていますが、自分のことはなかなかできないものなんだということも、よくお分かりいただけると思います(笑)

    (あ、これでこころのフィットネスへの信頼が薄れてしまったらどうしよう💦💦

     

     

    めまいの最中のマインドフルネス

     

     

    ストレス・耳とくると「めまい」もつながるキーワードかと思います。

    実は先週、私は突然夜中の2時にめまいに襲われて目が覚めました。

    まるで台風で大荒れの海を遊園地のコーヒーカップに乗ってぐるぐる回りながら、更に上下にも揺られているかのようで、頭ではベッドに寝ているはずだと分かっているのに、全身が揺さぶられて方向が全然分からない状態です。

    必死でベッドなどにつかまるのですが、つかまっている手以外はすべてが揺れて訳が分かりません。

    しばらくすると落ち着いてくるのですが、向きや姿勢・視点を変えるとまたすごい状態が襲ってきます。

     

    必死で自分の状態を観察し、「こんな時ほどマインドフルネスだ」と思って呼吸の瞑想をしたり、ボディスキャンをしてみますが・・・(笑)なにやってるんだと思う方もいるかと思いますが、こんな時ほどチャンスなのだと言われているのですよ。なのですかさずやってみましたが、、、この状態はなかなか手強くダメでした。症状がこれだけ激しければ当たり前ですね。もう、本当におばかさんでした(笑)

    目次にもどる

     

     

    ストレスからくる「めまい」か?

     

     

    頭痛や吐き気はなく、手のしびれやぼうっとした感じもない。

    前日まで毎日30分程度の運動もしているし、食生活も気をつけ、睡眠もとっている。

    仕事はコロナで売上が落ちているけど、ダメになったときはその時、と もともと腹をくくっているのもあるので、そこまでのストレスはないはず・・・

    セルフケア、そこそこしているはずなのにぃ〜〜〜なんで私がなるのかな!?!?!?(←メンタル不調や、それになることを否定しているというよりは、思い当たることがないので不思議、という意味です。環境の変化が大きい日々なので、セルフケアはいつもよりしっかりやっていたつもり。。。)

     

    それでもこうなるということは!?!?

    普段から「日常の小さなストレスが積もると、インパクトが大きくなってうつやメンタルダウンにつながるので、小さなストレスからケアすることが大切ですね」なんて偉そうに言ってるけど、もしかして自分が気づかないうちにストレスが溜まっていたのか???

    そんなの紺屋の白袴じゃないか〜〜〜、医者の不養生だ〜〜〜、恥ずかしい〜〜〜!

    もう、頭の中も心の中も大騒ぎです。

    (認知行動療法的には、「私は立場上しっかりセルフケアできているべき」というべき思考が出てますね〜)

    目次にもどる

     

     

    「認知の癖」から得る気づき

     

     

    こんな時はもうネガティブ思考街道を驀進するので「もしメンタル不調だったら原因はなんだろう?リモートで家事が増えて思うように仕事ができていないから!?家事は本当は好きなはずだし、家族だって大事に思ってるし、こういうことやってあげたいと思ってるはずなのに、本当は負担なの!?それってどういうこと!?本当は私は家族とか大事じゃないのかしら???」などから始まり、もうどこまでも突き進みます(笑)

     

    この1か月で一番アポが詰め込まれている日でもあり

    「仕事どうしよう!!!」

    「ドタキャンなんて失礼なことできない!」

    など、これまた自分を追い詰めることどこまでも…

     

    こうして書いていると「な〜にをやっているんだか」と爆笑できますが、その時は必死!

    (根拠もたいしてない、思いつきに惑わされてパニックですね〜)

     

    ご心配してくださる方もいるかと思うので、先にこの症状がなんだったかをお伝えしますと、良性のめまいでした。

    バランス感覚というのは、内耳を通るリンパ液の満たされ具合を三半規管が確認して判断するらしいのです。

    リンパは普段は体の老廃物などを流してくれるのですが、内耳を通る時にたまに老廃物が三半規管でとどまってしまうことがあるそうで、そうすると三半規管が正しく位置を掴めなくなり、めまいが起きるのだそうです。

    つまり、わたしのあのものすごいめまいの原因は『リンパの中のゴミ』・・・

     

    「ひゃぁっ、はずかしい〜〜〜!」先生が笑顔で説明してくれた時に、最初に思ったのはこの一言でした(笑)

    リンパなんてそもそも老廃物を流すものだし、それが流れるからきれいな状態を保てるわけなのですが、もう「ごみがつまってるワタシ」しか見えていない(笑)ちなみに、もう少しセルフケアの観点から細かく伝えると、ごみは汚いものという価値観にとらわれ、常に奇麗であるべきというべき思考、たった1回ごみがつまっただけなのにダメだと思う白黒思考も出て来て・・・認知の癖が出まくりです(笑)

     

    さっきまでめまいで死にそうだと思っていたのに、よくそんなことで恥ずかしいとか思う余裕がありますよね・・・

    いったいどれだけ人目を気にしてるのやら(笑)(これもまた、「自分は自分でいいんですよ〜」なんて言っているのですが。皆さま、すみません(笑))

     

    病院が混んでいて、検査が終わるころにはお昼を過ぎていたので、症状はそこそこ落ち着いてきており、とくに治療は必要なしということで帰りました。。

     

    先生からのアドバイスは

    「運動をよくすること(←してるはず)」

    「水をよく飲むこと(←周りの人によく驚かれるほど飲んでる)」

    「よく寝ること(←家族も呆れるほど寝る)」ということと

    「耳回りや頭の血流(リンパの流れ)をよくすること」でした。

    同じ姿勢を続けたり、カラダをしっかり動かさないと、流れが悪くなるそうです。そしてこれは「よくある病気」とのことなので、皆さまもくれぐれも気をつけましょう。

     

    私も「耳回りの血流」については、分かっていても時々ブームのようにやって、すぐやめてしまっていたので、これからは丁寧にやっていこうと思います。

    これまた耳のセルフケアについてブログ出したばっかりなのにお恥ずかしい(他人に偉そうに言うくらいの人は自分がきちんとできているべき思考、過剰な完璧主義)(笑)

     

    皆さまも、ぜひお続けくださいね。

     

    さて、今回は「めまい事件(勝手にそう呼んでます)」をネタに、耳のセルフケアの大切さと認知行動療法でよく出てくる「認知の癖」やそれと密接にかかわる「価値観」などについても、ツッコミ形式で書いてみました。

    認知の癖などは、日常でもどしどし出てくるものですが、なかなか自覚できないという方も多いので、「気づき」への参考になればいいなと考えております。

    目次にもどる

     

     

    ちょっとしたことから前向きな気持ちへ・・・そして、感謝へ

     

     

    ここからは、更に個人的な感想のようなものですが。

    今回のブログを書くにあたり、「紺屋の白袴」について調べたところ、ちょっとだけ心が休まることがありました。

    意味としては「自分の商売が忙しくて、自分自身に対してはその道のプロであるにも関わらず、きちんとできていないこと=お恥ずかしいこと」というようなイメージを持っていました。皆さんは、どうですか?

     

    これ、もともとは「職人の誇り」を表す表現だったそうです。

    染物屋さんが真っ白な袴を穿いているということは、それだけ技術が高いことを示すものだからとのこと。

    びっくりですね!

    確かにその通りで、おっちょこちょいの私なんて、いつまでも白袴なんて穿けそうにありません…

     

    でもこれを知って、わたしもそんな風になれたらなと、自然と前向きな気持ちになることができました。

     

    よく「こういうことを人に教えているのであれば、自分のできない点はさらけ出さない方がいい」とご親切な心のこもったアドバイスをいただき、お気持ちは嬉しいと思っています。ただ、わたしも普通の人間であり、いろんな点や面を持ちながら、一生懸命に自分の人生をコントロールしようとしていることに変わりはありません。むしろ、それがうまくいかないという経験が多いからこそ、皆さんと共感できることもたくさんあるし、支えやすくなるのではないかと考えています。

     

    今回のめまい事件では、「もしかしたらものすごい難病なのかも」とか、「仕事ができなくなってしまったらどうしよう」など、いろいろな不安も感じました(と言っても、どこか冷静で楽観的でもありました)。

    結果的には「よくある良性の一過性のめまい」で終わり、ほっとしましたが。

     

    改めて、こういう私を受け入れ、一緒にセルフケアのトレーニングをしようと来てくださる方々に感謝の念が湧くと同時に、これからも一緒に人間らしく学びながら進んでいきたいなぁと思ったのでした。

     

    認知行動療法をベースとしたこころのセルフケアスキルをグループで学ぶ『こころのフィットネス』は、メンタル不調からの回復改善につながるプログラムを提供する会員制サービスです。

    🍀 こころのフィットネス https://kokofit.jp/  🍀

    お問合せぺージ https://kokofit.jp/contact

    ♦メールでのお問合せ kokofit@sollachick.com

     

    category:セルフケア | by:ここFスタッフ | - | -