コロナ対策に疲れたら・・・ストレス解消としての瞑想

2020.03.12 Thursday 14:52
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    (導入編 と 実践編 があります。)


     

    導入編

     

    みなさん こんにちは!

     

     

    毎日、いかがですか。

    と言われても、最近は、ほんとに、

    つくづく、残念に思うことが多いです。

     

    そんな毎日を、

    自分でコントロールする方法を

    今日はお伝えしたいと思います。

     

    毎日をコントロール?

     

    「そんなこと言っても、あんなことや、こんなことは、

    私が決めたのではなく、私にはどうしようもないことではないですか?」

     

    はい、そうです。

     

    起きてしまったこと、自分の裁量が及ぶ範囲外のこと、は

    コントロール下におけないかもしれません。

     

    お天気なんかも、意のままにすることは難しい。

     

    では、何が出来るのか。

     

    起きた事柄と、

    自分の反応を

    切り分けること。

     

     

    これが可能です。

     

    残念に思う気持ちや、

    しんどさ、

    怒り、

    焦り、

    または

    喜び、

    嬉しさ、なども同じくです。

     

    これらと自分を同一視してしまわないこと。

    感情は自分であると思わないこと。

     

    それが、可能です。

    自分でコントロールすることが出来ます。

     

    自分に自然と沸き起こる感情を

    感情として、見つめましょう。

    そして、そのままにしておきます。

     

    消そうとしたり、

    大きくしたり、

    反すうしたりしない。

     

    そうすると何が起きるか、については、

    多くの方が「マインドフルネス」の効用として挙げています。

     

    いつでも、

    どこでも、

    いつからでも実践可能。

     

    そのための方法としておすすめなのが、

    瞑想です。

     

    長い時間は不要です。

    1分でも、10呼吸でも。

    一呼吸でも。

     

     

    実践編

     


     

    では瞑想を実際にやってみましょう。

     

    まずは10呼吸瞑想から。

    人や、着信音に、じゃまされないところに

    座ります。

    (立っていても、寝転んでいても、かまいませんが、

    考えないといけない動作をしているときはおすすめしません。

    あぶないです(笑))

     

    目は閉じていても開けていても構いません。

    あとは、簡単、

    自分の身体のどこが、大地(床)に触れているのか、

    感じます。

    足の裏、あるいはお尻、背中、後頭部、など、

    大地に触れているところ、をさらにぴったりと大地につけるように。

    呼吸は、

    鼻から吸って、

    鼻から吐きます。

    今日は、数を数える方法で。

     

    1 2 3 と心の中で数えながら吸い、

    4 でとめます

    5 6 7 8 9 10

    で吐きましょう

     

     

    この繰り返し

     

    いろんな思いや感情がやってくるたびに、

    迎えては、手放す。

     

    その繰り返し

    まずは10呼吸。

     

     

    10呼吸終わったら

    目を閉じていた人は、

    ゆっくり目をあけます。

     

    時間を決めて行う方には、

    アプリがおすすめです。

     

    タイマーで時間を教えてもらうと

    びっくりすることがあるので(笑)

    瞑想の時間をはかるのには、

    おすすめのアプリがあります。

    https://insighttimer.com/

     

    ほかにもいろいろあるようですので、

    お好みに応じて、ご使用いただければと思います。

    長引く新型コロナウイルス感染症対策で

    総じて気分が重くなりがちな昨今です。

    そんな時だからこそ、是非 瞑想 で

    毎日をコントロールして、ストレスからの解放を!

    それではまた。

    category:セルフケア | by:ここFスタッフ | - | -