誰かになにか言われてネガティブな気持ちになった時

2019.09.26 Thursday 11:45
0

    JUGEMテーマ:健康

     

     

    少し前の#こころのフィットネス では、こんなテーマに取組みました。

    『誰かになにか言われてネガティブな気持ちになった時』

    こんなとき、あなたはどうしていますか?

     

    大方の人は、よく言う逃走・闘争モードになり、

    どちらにしろ良い結末を迎えないのではないでしょうか。

     

    言われてネガティブになっているという事実を認めることすら嫌かもしれません。

    (私は嫌な方です…)

    大のおとなだって、どんなに上の立場の人だって、

    一生懸命に冷静を装っているだけで、何を言われても平気な人はいません。

     

    けれど、誰かになにか言われたことで

    #落ち込む #傷つく #腹が立つ #話す のが嫌になる

    なんていうことが度々あると

    こちらも身が持たないのも事実ですね。

     

    そんな時に、自分の気持ちを必要以上に波立たせずに対処するには

    いったいどんな方法が考えられるでしょうか。

     

    人によって言われて嫌なことも違うので、

    まずは自分がどんなことを言われたら嫌なのか(気持ち良くないのか)、

    確認するところからスタートします。

     

    具体的な方法は企業秘密ですが…

    みなさんそれぞれが自分を見つめ、

    レクチャーされたポイントを取り入れようと取り組まれていました。

     

    職場や家庭で具体的にどんな取り組みができそうなのか、

    幾つかの対策をそれぞれがまとめてみたところで終了〜。

    次回までに、各自が決めたことを取り組んでみて、

    どんなことが得られたのかを持ち寄って、

    お互いにシェアしながら成長につなげていただきました。

     

    余談ですが。

    こういう時は、簡単に #リフレーミング をしてみてもいいですね。

    自分の耳に心地よいことばかり言ってくれるなかにいては、

    新しい刺激が受けられず、成長の機会がないとも言えます。

    つまり、こういう時こそ成長する機会、というわけです。

     

    でもひとりで受けとめるのは辛かったり、

    ときに誤解して傷ついたままになってしまうことも…

     

    こころのフィットネスでは、仲間がいるので話し合うことができます。

    傷ついてしまったケースでも、他の人から見たらプラスに捉えられることがあり、

    その視点を気づかせてもらえることも多々あります。

     

    こころのフィットネスでやっていることを、

    何も知らない方にお伝えするのはなかなか難しいのですが、

    こんなお話しから、少しでもイメージを持っていただけますように…

    category:セルフケア | by:ここFスタッフ | - | -